読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約指輪探しの旅 グラフ編

グラフは、日比谷のペニンシュラホテルの一階に入っています。

 

婚約指輪を探しやすい銀座中央通りからは離れており、ティファニーあたりがある銀座一丁目からは15分くらいでしょうか。

 

もしもグラフを念頭に銀座を歩くなら、痛くなるからヒールはやめた方がよいと思います。

f:id:hakanaiuho:20160921211837j:image

ペニンシュラホテルの中を入ると、ガードマンが内側に控える重厚な扉があり、その向こうがグラフの日本における本店となっています。

 

さて、グラフはイギリスのジュエリーブランドの為、本店はロンドンになります。

「21世紀のキングオブダイヤモンド」という異名があるようですが(マウンティングって怖いおね)、日本における海外ブライダルジュエリーとしては、ハリーウィンストンに次ぐ高級店となっています。

 

公式サイトは日本語に対応しておりません\(^o^)/(2016年秋)

やる気あるんだか無いんだかわかりませんが、大阪や名古屋、福岡にも店舗はあります。

 
f:id:hakanaiuho:20160921223319j:image

 

さて、婚約指輪は非常にオーソドックスでゴージャスなデザインが揃っています。


f:id:hakanaiuho:20160921223649j:image

これは最もオーソドックスなParagon。美しいですね。

4つの爪で留められています。

 

他には、北川景子さんが贈られたハリーウィンストンの婚約指輪に非常によく似たデザインのPromiseもあります。


f:id:hakanaiuho:20160921224308j:image

 

実はこのクラッシックなデザインを扱っているブランドは日本では非常に少ないです。

贅沢なデザインだからでしょうか?

 

以前に行ったときは0.5カラットほどのダイヤモンドで、80万円していませんでした。

意外と安いのね、と思ったものですが、その次に行ったときには90万以下の指輪がそもそも店頭に無い様子で、在庫の価格にばらつきがあるようでした。

 

http://zexy.net/ring/brand_c/graff/engage/

みんなの味方のゼクシィに価格表みたいなやつが載ってますが、実際に店に行くとほぼあってないようなものですね。

 

値段は海外高級ブランドらしく、ショーケースを開いてひとつずつ聞かないとタグをひっくり返してくれないというスタイル。

 

一度目に行ったときの中国人の男性スタッフの方はかなり話しかけやすく、丁寧だけどざっくばらんに値段が聞けましたが、二回目に行ったときはつんけんした女性スタッフの応対になってしまいました。

貧乏人であることを見抜かれてしまいました(^o^)丿サーセン

 

ティファニーやブルガリと違って店頭在庫に乏しく、価格もばらつきがあり、基本的には欲しいものがあったらロンドンからお取り寄せするような形になりそうです。

 

ハリーウィンストンと同じく0.5カラット以下のダイヤモンドの取り扱いはない為、基本的には予算が50万以上ある人が見に行くブランドです。

50万円あっても 、正直少々気まずい思いをすると思うので、100万円あると精神的に余裕を持ってお買い物できそうかな。

 

ダイヤモンドが安いという話もありますが、それなりのお値段はするブランドです。

中国人の富豪がシャンパン飲んでたのが羨ましかったです。