婚約指輪探しの旅 カルティエ編

カルティエといえば赤い箱、野性味あふれるニャンコ、そして銀座の角地にある美しいビル……

 

f:id:hakanaiuho:20160922215125j:image

 

の筈が、残念なことに改装中!!!(2016年9月28日オープン予定)

一年で最も婚約指輪が売れるクリスマスには間に合いましたが、カルティエの本店はこの夏はなかなか苦戦したのではないでしょうか。

 

個人的には、転勤や配置換えが多い10月を見越して転居やプロポーズをするカップルが多いので、9月は本来はオープンしたかったんじゃなかろうか。

 

f:id:hakanaiuho:20160922215329j:image

 

でも一応ね、ちょいと歩いたところにあるんですお。

いや〜(笑)でも、全然心ときめかないのここ。

 

もちろん内装はきちんとカルティエなんですよ。

ショーケースとかもしっかりしてるし、ブライダルも2階のフロアにしっかりあるんです。

 

でもご近所のティファニーやブルガリがあれだけ素晴らしい外観、内観だと見劣りしてしまうんですわな(●´ϖ`●)

いや、まあだから改装してるんですけどね。

 

婚約指輪なんて基本は雰囲気や思い出やブランド代を買うものです。

本当に安くぶっ叩きたいと思ったら御徒町にでも走ればいいわけですからね。

 

その為、もしもナウ!今!婚約指輪欲しい!!ってんでなければ、今月28日のリニューアルした素晴らしいフロアでお買い物されることをお勧め致します。

 

f:id:hakanaiuho:20160922220501j:image

 本題のカルティエの婚約指輪ですが、個人的には本当に大本命の素晴らしいブランドです。


f:id:hakanaiuho:20160922220630j:image

 真上の正面から見ても、こうしてサイドから見ても美しいですね。

 

変なブランドだと、このサイドから見たデザインが超絶ダサいことがありますが、カルティエは本当に洗練されています。

 


f:id:hakanaiuho:20160922221433j:image

こちらは人気のバレリーナ。

リングのダイヤ脇にメレが入ると100万円台に一気にぶっ飛びますが、かなり小さめのダイヤを選べば40万円台のようです。

 
f:id:hakanaiuho:20160922221651j:image

立体的な美しさがあるバレリーナ。


f:id:hakanaiuho:20160922221720j:image

正面から見ても非常にゴージャス。

個人的には正面は若干のやり過ぎ感があるけど、このサイドからのデザインは神がかってかわいい!と思う。

 

カルティエティファニーより気持ちお値段高め。

庶民向けに20万円台もありますが、石は0.18カラット程度の大きさになり、バレリーナくらい装飾がぎっちりあると石の小ささが逆に気になってしまうかもしれません。

 

土曜日の昼に行きましたがその時点でかなり混雑しており、商談スペースはいっぱいでした。

こうずらっと男女が並んでいるのを見ると、ちょっと興ざめしてしまうのが寂しいところ。

 

忙しかったからか、特に見てても声はかけられません。

見やすいといえば見やすいですが、ショーケースの中は値札はついていてもカラット数などは書いてないので、やはり店員さんと一対一での会話が欲しいですね。 

 

その点で言えば、お向かいのブルガリは非常に接客上手に感じます。

(もちろんカルティエの方も非常に丁寧ですが……)

 

全体的にショーケースの中はほとんど50万円前後がスタートで、予算に余裕がないと緊張しそうです。

若いカップル向けと宣伝に申し訳程度に20万円台を置いてますが、すぐに目移りしてしまいそう。

 

やはり一流高級店のひとつ、なかなか緊張感のあるジュエラーさんでした。