読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約指輪探しの旅 4℃編

4℃と言えば、OLでも比較的手が届きやすい手頃なジュエラーさんです。

クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントで、4万円台のK18のネックレスや指輪が買えるため、「ねだりやすく」「プレゼントしやすい」(^_^)/

実にWin-Winであります。

  

f:id:hakanaiuho:20160923075641j:image

 

清潔で美しい外観の4℃ブライダル本店は、銀座中央通り2丁目、ハリーウィンストンの斜向かいにあります。

今まで紹介した、グラブを除くブランドはすべてここから歩いて2分以内にあるというのがすごいですね。

女たちの欲望の街、銀座。

 

やはり、婚約指輪を選ぶ際にはこの銀座中央通りを何度も往復してこそ楽しいものだと思います。

足は死ぬので、もうスニーカーでいいと思う。


f:id:hakanaiuho:20160923080522j:image

 

さて、4℃の魅力はそのカジュアルなお値段。

0.15カラットのダイヤモンドと言えども、婚約指輪が17万円台というのはかなり安い方です。

 

銀座中央通りに面するブライダルジュエリー専門店の中でも、かなりお求めやすい設定になっています。

 

私の暗い楽しみの一つは、ブライダルリングのパンフレットを各社集めることなのですが、4℃は群青色のリボンがかかった非常に美しいパンフレットをくれます。

 
f:id:hakanaiuho:20160924230931j:image 

 

ホームページでブライダルリングを開くとまず出てくる画面ですが、ご覧の通りウェーブした形が多いです。

 

ウェーブタイプの指輪は国産のブランドに多いように思うのは気のせいでしょうか?

 

ティファニーカルティエは、ホームページやお店を覗くとストレートタイプばかり。

 

ウェーブは指を細く長く見せる効果があるようなので、手が欧米より小さな日本人が好むのかもしれません。

 

4℃は石を両手で上下に抱きかかえるようなリングのデザインが得意な様子。


f:id:hakanaiuho:20160924231502j:image

正面から見ると美しいデザイン。


f:id:hakanaiuho:20160924231529j:image

 

しかし、サイドから見ると……?

 

最初に見たときに、「えっ何これ。なんかどん!てくっついてるだけなんですけど\(^o^)/」と思った私の気持ち、伝わるでしょうか。


f:id:hakanaiuho:20160924231732j:image

 

さらにさらに、他のデザイン。なんかちっこいメレダイヤが横についてるやつ。

これもサイドから見ると……

 


f:id:hakanaiuho:20160924231811j:image

 

おい!ダンゴムシか!!!!

 

いや〜すごいwwwwww

まずいwwwwwwwwwwww

 

指輪ってつい真上からの画像が多いし、ショーケースでも似たようなアングルでしか見られませんが、すごいです。

 

この立体感のなさ、アイプリモや!!

アイプリモの溶接に似とるのや!

(セッティングと言うのもおこがましい。もはや溶接である)

 

もしかして、このウェーブってそんなに難しい加工なのかな?!って思って、ストレートタイプの指輪も一応見たんですね。

 
f:id:hakanaiuho:20160924233317j:image

 

変わらぬ無骨さがそこにはあった……。

私はこれを見て、「婚約指輪って、ダイヤだけじゃないんだ。リングのこのデザインにも対価を払うべきなんだな」と思いました。

 


f:id:hakanaiuho:20160924233908j:image

これ、いわゆるティファニーセッティング。

 
f:id:hakanaiuho:20160924234054j:image

そしてこっちがデビアス

 

どちらも立体的な美しさ。360度どこから見ても良い安心感。

それに引き換えての、4℃。

 

接客もいいし、店内も綺麗だし、ブランディングは上手なのでしょう。

 

でも、肝心の指輪がな。。。

 

なかなかため息が別の意味で出るような指輪がゴロついてるので、実にお勉強 になりました。